若ハゲはコンプレックスになる|何が原因なのか

男女

若い人の薄毛トラブルとは

育毛

ストレスと遺伝

歳を重ねた男性は、それと比例するように頭の上の髪の毛は薄くなってくる方が多くいます。頭皮が薄くなる原因は主に加齢による男性ホルモンの変化が関係しているため、歳を重ねるごとに頭皮が薄くなることは珍しくありません。しかし、中には20〜30代の若いうちから、頭皮が薄くなってしまう人が居ます。そのような人は俗に、若いのにハゲている「若ハゲ」と呼ばれます。若ハゲになってしまう原因は様々考えられますが、多くはストレスと遺伝によるものと言われています。ストレスが蓄積されると、毛根に栄養が適切に行かなくなり髪の生成が衰えてしまいます。また、頭皮の薄さは隔世遺伝すると言われています。祖父が若ハゲであった、という人も、注意しなくてはなりません。

若いうちからの対策

若ハゲと呼ばれないためにも、隔世遺伝の恐れがある人などは若いうちから何らかの対策をしておく必要があります。薄毛予防として効果的なものの一つがシャンプーです。天然由来の成分が入った、なるべく頭皮に優しいものを使用するよう心がけ頭皮への負担を減らすことで、抜け毛の予防と新しい髪の毛の生成を促すことに繋がり、若ハゲの予防になります。また、定期的に頭皮のマッサージを行うことも効果的です。お風呂に入っている時や寝る前などのリラックスしている状態の時に、指の腹を使って優しく揉むようにマッサージします。頭皮に刺激が与えられ、毛根が活発化し抜け毛予防に繋がります。このようなことに注意して生活することが、若ハゲの効果的対策と言えます。

みんな髪の毛で悩んでいる

ヘアケア用品

男女で薄毛のメカニズムが違うこともあります。基本的にもう周期が乱れることは同じですが、男女で同じ育毛剤は使わないほうが良いです。今後は、女性の社会進出が進んでいくので、ストレスがたまりやすくより育毛剤などの需要が増えそうです。

読んでみよう

髪をはやす

髪の毛

薄毛や抜け毛が気になる方は植毛をおすすめします。正常な髪として成長していくのでまずは相談してみましょう。自毛植毛は、自然な形で生やすことができる他、シャンプーなども普通通り行なえ、ヘアスタイルも自由自在です。自分の頭に定着するのはとても良いメリットかもしれません。

読んでみよう

びまん性脱毛症の治療

鏡を見る女性

女性は更年期にホルモンバランスが崩れたり、間違ったヘアケアを続けることでびまん性脱毛症になります。びまん性脱毛症にはホルモンを補うサプリメントや、専門病院で薄毛治療を受けると出してもらえるパントガールなどが効果的です。

読んでみよう